矮小歯および先天性欠如に対する矯正治療の介入|千葉 もぎ矯正歯科千葉の歯医者もぎ矯正歯科医院

矮小歯(わいしょうし)および先天性欠如に対する矯正治療の介入

先天的に歯の本数が多かったり少なかったり、歯の大きさが大きかったり小さかったりする場合があります。中でも上あごの前から2番目の歯(上顎側切歯)が矮小歯と呼ばれる先天的に小さい歯であることや、先天的に欠如していることは比較的頻繁に見受けられます。

歯が小さいことや、欠如していることでその歯の脇に隙間ができてしまっていたり、前歯の真ん中がずれてしまっていたりすれば、見た目を気にされてこのことを主訴に矯正相談にいらっしゃいます。ご本人に自覚は無かったものの、一般の歯医者さんでレントゲンを撮影した際、矮小歯や先天性欠如を指摘され心配になって相談にいらっしゃる方もいます。また、歯の大きさや本数とは関係なく相談にいらした患者様の中に矮小歯や先天性欠如が認められることもあります。

これらの問題は、長期的に放置すると、見た目の問題だけでは無く、噛む機能にも影響が及びます。

矮小歯に対する治療法は、単に被せ物で本来の大きさに戻すという選択肢だけではありません。本来の歯の大きさでない歯があるということは、少なからず咬み合わせもズレているため、矯正治療の対象となることがあるのです。重度のデコボコであったり、出っ歯であったりすれば、矮小歯を抜歯してデコボコや出っ歯を治すということも選択肢になります。サイズアップと他の歯の抜歯を組み合わせる治療法も考えられます。つまり、どの歯に問題があるのか、今の歯並びはどのようなものか、むし歯や歯周病などはあるのか、口元のバランス(横顔で口元が出ていたり、顎が出ていたり)はどうであるのか、等々…によって治療方針は様々なのです。
先天性欠如に対する矯正治療は、欠損部の隙間を閉じて全体的に歯を並べる治療や、欠損部に人工歯を入れる補綴治療(ブリッジやインプラントなど)を併用した治療、上下のあごのバランスによっては、抜歯を伴う治療など、やはり矮小歯の治療法と同様、治療方針は様々です。

見た目の問題だけではなく、たった1本の歯の問題だけで、咬み合わせ全体に不都合が起こっているということも多々あるのです。まずは矯正専門医に相談し、ご自身の咬み合わせ全体を把握した上で、治療を開始することお勧めします。

矯正のご相談はお気軽に
お問い合わせください

矯正に関するご相談はお気軽にお問い合わせください。直接お電話にて矯正相談の申込みをされる場合は矯正ブログ見たとお伝えください。スムーズにご案内できます。

もぎ矯正歯科医院もぎ矯正歯科医院
ページトップに戻る

©2007 千葉の矯正歯科医院 もぎ矯正歯科医院監修 歯並び・矯正ブログ